我家が家を作ってよかったと思ったところ

 

我家は家を建てて8年目なのですが、家を建ててよかったと思っています。家を建てるのは初めてなのであとから「こうすれば良かった」というのは多少ありますが、それでも基本的には後悔よりも良かったという気持ちしかありません。

 

また、8年住んでいるのですが、雨漏りやクロスがめくれるなど不備もほとんどなく、しっかり家作りをしてくれているなと思っています。建てつけもしっかりしているので家を建てて後悔はありません。家の価格は土地を込みで2,800万円と都会ではないので、安いと思います。

 

基本的に私が住んでいるところの注文住宅相場は土地付き一戸建てで2,600万円〜3,000円くらいが多いです。家自体は気に入っているのですが、唯一後悔しているところといえば駅まで不便な事です。最低でも駅まで自転車で15分くらいかかるし、バスは1時間に1本なので車がないと何も出来ない地域です。また、スーパーも車で5,6分くらいのところにしかないので、もう少し近くにスーパーがあるところに住めばよかったなと立地の面では後悔があります。立地は別のところにすればよかったと思ってるのですが、家自体は注文住宅で建てたので基本的に気に入っています。特に気に入っているのは玄関の大きな収納と玄関の吹き抜けと家事部屋です。

 

主婦の部屋ってなかなか確保できないものですが、私の場合はたった2畳ですが、自分の部屋があります。大きな机を用意してもらってそこにパソコンを置き、自分の好きなものばかりを集めた部屋を用意してもらっているのですごく気に入っています。場所もキッチンの隣なので何かあればすぐにキッチンにいけるので場所も最高です。この部屋は主婦の友達に言えばみんなに羨ましがられるスペースです。実際に一軒家を建てている友達もたくさんいますが、主婦用のスペースがある家ってなかなかないです。私はこの部屋が一番の自慢です。家も洋風の可愛らしい家で友達に可愛い家だねっていわれるので嬉しいです。これからも家を掃除して大切にしていきたいと思っています。

残念ながら注文住宅は不満だらけのできとなりました

それで、妻ともよく話し合って、なるべくコンパクトにして建材を節約して、よく工務店さんと話あいながら進めていけば、きっと理想の家が手に入るよと説得までしてのはじめてのマイホーム建築でした。

 

 

 

地元には大小様々な工務店さんがあるのですが、趣味が合いそうで良心的そうな比較的小さな工務店とそこそこ地元では知られているそこそこの大きさの2つの工務店に絞ったのですが、最終的にはサイトを見てそこにあった過去の建築物件の写真をみて大きい方の工務店に決めてしまいました。

 

 

 

しかし、結局そこが運命の分かれ目でした。

 

 

 

サイトに出ている素敵だなと思った家は、あとで分かったことだったのですが、社外の設計事務所が設計したものをそこの工務店さんが施工だけしたもので、費用も実際にはかなりかかった物件だったわけです。

 

 

 

それでもそこの営業さんは、もちろん施工したので同じようなテイストを出せると思いますよ、などと調子のいいことを言っていたので、まあついその口車にも乗ってしまったわけです。

 

 

 

しかし、実際に工事が始まると、なんだか、アソコがこうだとか、ここがどうだとか毎日のように現場監督と営業がやってきて、追加費用が出てしまいそうですけど、どうしましょうか?などと言ってくるわけです。

 

 

 

こちらは見積もりの範囲内でやってもらいたいというとそうすると少しイメージと変わってきてしまう、とかもう少し材料のグレードを落としましょうとか、そんなことばかりでした。

 

 

 

で、けっきょくこのままだと予算が300万円ほどオーバーしそうです。どうしましょうか?と言われてしまい、銀行に相談に行くのもなんか釈然としなかったので、外構工事はやらないということで見積金額に合わせてもらいました。

 

 

 

しかし、外構工事やらないとこんなに家というのはみすぼらしくなってしまうのかというほどの残念さでした。

 

 

 

しかし、注文住宅を説得したのは自分でしたから、家ができてからも自分でスコップを持って土いじりしたり、芝を張ったりしました。

 

 

 

また、室内もあちこちで気に入らない壁紙だったり、什器もなっとくいきませんし、2階の部屋はぜんぶドアがない作りになってしましました。

 

 

 

まあ、工務店さんの選び方に失敗したと言ってしまえばそれまでですが、せっかくにマイホームがこんな仕上がりになってしまい本当に残念な気持ちでいっぱいです。